FANDOM




METROID Other M』(メトロイド アザーエム) は、2010年9月2日に発売された、Wii専用アクションゲームソフト。『メトロイドシリーズ』第11作目にあたる。

開発

『Other M』の開発経緯については、『社長が訊く『METROID Other M』コラボレーション篇 / 開発スタッフ篇』に詳しい。

ストーリー

かつて私は、メトロイドの殲滅を目的に惑星SR388へと赴いた。死闘の末、クイーンメトロイドを倒したばかりの私の目の前でメトロイドの赤ん坊が孵化し、生まれて初めて目にした私を母親だと思い込んだ。平和的利用の可能性を信じ、私はそれを銀河連邦へ持ち帰った。だが研究の最中の襲撃によって、「ベビーメトロイド」はマザーブレイン率いるスペースパイレーツの手に落ちた。

私はベビーの奪還を目的に、マザーブレインが支配する要塞惑星ゼーベスに潜入した。しかしマザーの圧倒的なパワーは、私を死の淵へと追いやった。ところが、今まさに消えようとしていた私の命の灯火は、あろうことかその勢いを再び取り戻し始めたのだ。

「なぜ私はまだ生きているのだ…」

ベビーがマザーブレインの攻撃から私を守ってくれていた。私に力を与えてくれていた。そしてベビーは ー 私の頭上で砕け散った…

「マザー、今すぐ消えろ! 」

惑星ゼーベスとともに、マザーが、スペースパイレーツが、そしてメトロイドという存在が、この世から消え去った。

あれからどれくらい経っただろうか。スターシップで航行中だった私は、あるシグナルを偶然キャッチした。通称"Baby's Cry"。誰かを呼ぶことを最優先としたその目的を、赤ん坊の泣き声になぞらえた典型的な救難信号だ。辺境宙域から発せられている。私は最初からそう決められていたかのように、スターシップの進路を変更した。

"Baby's Cry"

その響きが、私を呼び寄せたのかもしれない…

ゲームシステム

舞台

ボトルシップが舞台となる。

メインセクター

セクター1 バイオスフィア

セクター2 クライオスフィア

セクターZEROはこのセクターより通じる。

セクター3 パイロスフィア

生体兵器研究所

アイテム

Samus Menu Pose M1 ネタバレ要素を確認: 以降の記述には、ゲーム・漫画などの核心部分について記述されている可能性があります。

クリーチャー

METROID Other M/クリーチャー 一覧を参照。

紹介映像

関連項目

外部リンク

メトロイドシリーズ
メトロイド メトロイド | メトロイドⅡ | スーパーメトロイド | フュージョン | ゼロミッション | Other M | サムスリターンズ
プライム メトロイドプライム | ダークエコーズ | ピンボール | ハンターズ | コラプション | Trilogy | フェデレーションフォース
クロスオーバー 大乱闘スマッシュブラザーズ(初代 | DX | X | for 3DS | for Wii U)
漫画 マガジンZ | サムス&ジョイ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。