FANDOM



鳥人族』(Chozo) は、鳥類に似た容姿を持つヒューマノイド型の種族。『チョウゾ』とも呼称される。 高い知能と戦闘能力、高度な技術力を有している先進的な種族であり、かつて数多くの惑星に拠点を構えていたが、現在では銀河社会から完全に姿を消してしまい、消息不明となっている。

概要

鳥人族が現在どのような状況にあるのか、知るものはいない。しかし、かつては銀河系の各地に入植し、数多くの遺産を残した。その遺産の数々は今もなお健在であり、サムスの活躍に大きな貢献をしている。しかし、メトロイドマザーブレインのように銀河連邦を揺るがした遺産もあり、銀河の歴史にこれからも多大な影響を与え続けるであろう存在であることは確かだ。

歴史

前史

鳥人族の起源は不明であるが、古くから銀河系各地の惑星に入植していたことは判明している。ルミナス・ブリオニアンといった各惑星の他種族と交流を重ね、いくつかの技術提供を行っていた。またガス惑星であるエリシアに観測設備を兼ねた浮遊都市「スカイタウン」を建設し、その管理を行うため自律式ロボット「エリシアン」を生み出した。後にスカイタウンの管理をエリシアンに委ね、鳥人族はエリシアを離れた。そしていつ頃かは不明であるが、SR388に生息する危険な寄生生物「X」を根絶するべく、メトロイドを生み出しそこの生態系の頂点に立たせた。

ターロンⅣの滅亡

ターロンⅣは鳥人族の主要惑星の一つであったが、ある時フェイゾン生命体を含んだ隕石が落下した。隕石の直撃による被害もさることながら、そこから漏れ出たフェイゾンによる汚染が惑星を蝕んだ。チョウゾルーインズは汚染によって突然変異を起こし誕生したフラーグラの力で水が有毒となり、居住が困難となった。これに対し鳥人族は多大な犠牲と労苦の末、隕石の上に神殿を築きフェイゾンを封印、さらにその封印が解かれぬよう12のアーティファクトを鍵とし各地に隠した。だが依然として汚染は深刻であり、鳥人族はいつか汚染の元を断つものが現れることを願いつつターロンⅣから去っていった。

サムス・アランの教育

ゼーベスの滅亡

ある時、ついにスペースパイレーツがゼーベスを襲撃した。この時マザーブレインは鳥人族を見捨て、スペースパイレーツに与した。惑星の中枢コンピューターの離反は鳥人族をあっけなく滅亡に追いやったのみならず、パイレーツの組織そのものを大幅に強化することにつながった。

思想

鳥人族は高い科学技術を有しつつも、むやみに自然を破壊せず適度に調和させる思想を有している。

技術

鳥人族の技術は非常に高度であり、その高度さはスペースパイレーツがその技術の一部を再現しようとして悲惨な結果に終わったことからもうかがい知れる。中でも鳥人族の技術の集大成であるといえるのがサムスのパワードスーツである。いかなる技術であってもそれをスーツに馴染ませ使用可能とするモジュール機能、それこそが鳥人族の持つ「調和」の思想を体現していると言えよう。

また、思念を長期にわたって残留させる技術も有しており、ターロンⅣのインパクトクレーター神殿はそれを用いて隕石を封印していた。しかし、残留思念は時としてチョウゾゴーストとなり、見境なく攻撃を加えてくることもある。

主な個体名

惑星ゼーベス

惑星エリシアなど

オフィシャルデータ

公式サイト

Q. 質問とはここにある開発ルームの設定資料についてなんですけれども、たしか漫画版では非戦闘民族だったはずの鳥人族が、ここの資料によると武装をしていて戦闘民族と言わんばかりなんですけどもそこら辺はどうなんでしょう。 (歩く鳥人像 男性)
A. かつての鳥人族は高度なテクノロジーと高い戦闘力を誇る種族でした。しかし、長命による高齢化と繁殖力の低下によりやがて文明は衰退し非戦闘的な種族へとその性格を変えていきました。鳥人族がサムスに与えた「パワードスーツ」はその高度なテクノロジーの粋を集めて作られたものです。 (坂本)

METROID ZERO MISSION OFFICIAL SITE METROID FAQ 16


鳥のような容姿を持つヒューマノイドの一族で、鳥人族とも呼ばれる。高い知能を持ち、平和を重んじる。惑星ゼーベスをはじめターロンⅣなどの複数の惑星に痕跡を確認できるものの今や幻の種族となっている。


登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。