FANDOM



メトロイド フュージョン』(Metroid Fusion) は、2003年2月14日に発売されたゲームボーイアドバンス専用ソフト。『メトロイドシリーズ』第4作目にあたる。前作『スーパーメトロイド』の正統続編。

概要

1994年に発売された前作『スーパーメトロイド』から約9年の歳月を経て発売された『メトロイドシリーズ』第4作目にあたるアクションゲームソフト。オープニング映像中でMETROID 4とナンバリングされており、前作の正統続編となっている。開発元は任天堂第一開発部で、過去に『メトロイドシリーズ』を手掛けた坂本賀勇が本作のチーフディレクターおよびシナリオを担当している。前作『スーパーメトロイド』のデータ解析はあまり行わず、『ワリオランドアドバンス』のデータを参照して製作された[1]

2001年5月17~19日にアメリカ・カルフォルニア州のロサンゼルスコンベンションセンターで開催された『Electronic Entertainment Expo (E3)』において、開発段階のゲーム画面の映像が初めて公開された。この時点で「サムスメトロイドの遺伝子を融合させる」というコンセプトは完成しており、それを示唆するPVが現場で放映されていたが、ゲームデザインは実際に発売されたものとはかなりかけ離れている。

従来の『メトロイドシリーズ』が持つ良い部分を保ちつつ、ゲームボーイアドバンスならではの新要素を追加し、子供から大人まで、初心者からシリーズファンまで、あらゆる層のプレイヤーが楽しめる遊びやすいゲーム仕様にすることが本作の主な開発コンセプトとなっており、前作から様々な改良が施されている。

ステージ内をくまなく歩きまわり、装備や能力を駆使して抜け道を探したり、アイテムを回収したりする「探索」が『メトロイドシリーズ』の醍醐味であるが、ユーザーが迷ってしまって次の目的地が分からなくなり、ゲームを途中で放棄してしまうことも珍しくはなかった。その対策として、ある程度の探索要素は確保しつつ、1本道で分かりやすいステージ構成に調整を施し、テキストを使用したナビゲーションシステムで次の目的地までの簡易説明を行う仕様を追加した。そのため過去のシリーズ作品と比べると探索自由度が低めになっているが、ゲームをスムーズに進行させることが可能になっている。また、ゲーム開始時に「EASY」「NORMAL」「HARD」の3つから難易度を選択することが新たに可能となっており、ユーザーが自分のレベルに合った難易度設定を行うことができるようになった[2]

ストーリー面では「文章による説明」を解禁。ゲーム中の膨大なテキストは、『メトロイド』の世界観やゲームの主人公であるサムス・アランの人物像の掘り下げに大きな役割を果たしている。テキストを通して展開される良質なストーリーを全てのユーザーに楽しんでもらうため、ゲーム開始時に通常の「オトナ向け」と、ひらがなを多用した「コドモ向け」からテキスト表示を選択することができる[3]

ストーリー

サムス・アランの手記より

SR388。かつてメトロイドの巣窟であった魔の惑星。ヒエラルキーの頂点を失った、この星の生物達は、数年という時の流れを経た今、本来あるべき力関係を取り戻しつつあるようだ。

バイオテクノロジー会社「BIOLOGIC宇宙生物研究所 (略称 : B.S.L) 」は銀河連邦から依頼を受け、この惑星における現在の生態系を把握すべく調査隊を派遣した。場所が場所だけに連邦当局は、私に調査隊の警護を依頼した。そして私は、あの惑星SR388へ再び足を踏み入れることとなった。

調査隊のサンプル捕獲は順調に進み調査艇が引き上げようとしたそのとき、私は不覚にも今まで見たこともない生命体に襲われてしまった。

私にとりついた生物の正体は「X」という寄生生物だった。次の着陸地点へスターシップで向かう途中、私は神経中枢を侵され、突然意識を失ってしまった。スターシップはそのままアステロイドベルトに突入し、接触、そして爆発した…。

激突寸前に自動脱出装置が作動し、緊急脱出ポッドが放出された。その脱出ポッドを調査艇が回収し連邦本部に新設された宇宙科学アカデミー内の医療施設に運びこんだ。しかし、到着までの間に「X」は増殖し、私の身体をパワードスーツごと大きく蝕んでいた…。

「心拍数、血圧ともに極端に低下。クランケは依然意識不明、極めて危険な状態。」

バイオ素材でできているパワードスーツは装着時、私の体の一部となることが事態を深刻なものにしてしまったようだ。意識の無い私からスーツを脱がせることはできない。したがって「X」に蝕まれてしまったスーツの大部分は身に付けたまま切り取られてゆき、私の姿をしだいに変化させていった。しかし、私の神経中枢の奥深くまでを侵食してしまっていた「X」を取り除くすべはなく、私の命は絶望的と見られていた。

ところが、唯一の治療法が見つかった。「X」を、除去できるワクチンが、メトロイド細胞から作り出せるというのだ。あの、ベビーメトロイドの細胞組織の一部が連邦によって保管されていたらしい。

すぐにワクチンが作られ投与された。結果、「X」はみるみる消滅してゆき、私は奇跡的に一命を取りとめた。この事実をかみしめながら、今私は思う。

「ベビーは、再び私の命を救ってくれたのだと…」

私の微かな感傷を拒むかのような第一報は、「BIOLOGIC宇宙生物研究所」からであった。今回、SR388で捕獲したサンプル生物が運び込まれた、この巨大な宇宙ステーションからの緊急報告は、意識を取り戻したばかりの私にとって、あまりにも刺激的な内容だった。

「緊急事態! ステーション内 特別保管庫にて、原因不明の爆発事故発生!」

言い知れぬ不安を抑えきれず、私は「BIOLOGIC宇宙生物研究所」への派遣を申し出た。ステーションで起きた事故が、これから始まる大事件の序章に過ぎないということを、そのときすでに、私は察知していたのかも知れない。やがて、私を乗せた最新鋭のスターシップのコンピュータが、目的地が間近にあることを平坦な口調で告げた。

まもなく「BIOLOGIC宇宙生物研究所」に到着する。すみやかに着陸態勢に移れ。

ゲームシステム

本作はナビゲーションルームにおいてコンピューターの指示を受け、行動することが基本となる。そのため次にどう進めばいいのか迷うことがなくなった反面、プレイヤーの行動の自由度は大いに制限されることとなった。

操作方法

前作『スーパーメトロイド』はスーパーファミコンのコントローラーを最大限に生かした複雑かつ応用性の高い操作性が特徴的だったが、ゲームハードが携帯機のゲームボーイアドバンスに移行したことを受けて、本作ではサムスの操作性が前作から大幅に変更されている。ボタン数の減少を受けて、Bボタンによるダッシュなどが廃止され、一部のアクションがオミットされている。


操作 対応キー
移動 十字ボタン 左右
高速ダッシュ* 十字ボタン 左右 長押し
銃口を上に向ける 十字ボタン 上
しゃがむ 十字ボタン 下
モーフボール変形* 十字ボタン 下2回
モーフボール解除* 十字ボタン 上
エレベーターの操作
はしごの昇降
十字ボタン 上下
ジャンプ Aボタン
回転ジャンプ Aボタン + 十字ボタン 左右
ショット Bボタン
ビームのチャージ* Bボタン 長押し
ミサイルセット* Rボタン
ミサイル発射* Rボタン + Bボタン
ボムセット* ボール状態でBボタン
パワーボムセット ボール状態でRボタン + Bボタン
マップ画面の表示 STARTボタン
ステータス画面の表示 マップ画面でRボタン
スリープモード画面の表示 マップ画面でLボタン
スリープモード解除 SELECTボタン + Rボタン + Lボタン


操作 対応キー
項目の選択 十字ボタン
項目の決定 Aボタン
項目のキャンセル Bボタン
ゲームのリセット Aボタン + Bボタン + STARTボタン + SELECTボタン

舞台

Samus Menu Pose M1 ネタバレ要素を確認: 以降の記述には、ゲーム・漫画などの核心部分について記述されている可能性があります。

BIOLOGIC宇宙生物研究所

通称「B.S.L」。同名のバイオロジー会社が建造した巨大宇宙ステーション。あらゆる自然環境を再現した6つのセクターがステーション下部に接続されており、様々な生物が飼育されている。

メインデッキ

ステーション上部に位置し、各セクターに接続するメインエレベーターが設置された重要なエリア。
ドッキングベイ
宇宙船の発着場。サムスのスターシップが停泊している。
居住デッキ
B.S.Lの職員が生活しているエリア。エテコーンダチョラもここに保護されていた。レベル2のセキュリティーハッチでロックされている。
オペレーションデッキ
B.S.Lの軌道変更を行う推進装置が設置されている部屋。レベル4のセキュリティーハッチでロックされている。

セクター1 SRX

SR388の惑星環境を再現したセクター。ナードモーシンなど、SR388の原生生物を中心に飼育されている。

セクター2 TRO

熱帯環境を再現したセクター。

セクター3 PYR

灼熱の高温環境を再現したセクター。

セクター4 AQA

セクター5 ARC

寒冷地帯の生態系を研究するセクター。

セクター6 NOC

暗闇の生態系を研究するセクター。

アイテム

クリーチャー

メトロイド フュージョン/クリーチャー 一覧を参照。

エンディング・クリア特典

  • ゲームをクリアすると、サムス・アランのエンディングポスターを見ることができる。ポスターは全13種類。「オトナ向け / コドモ向け」「難易度」「クリア時間」「アイテム回収率」の4つの要素が、ポスターの出現条件に大きく関係している。
ナンバー オトナ / コドモ 難易度 クリア時間 アイテム回収率 詳細画像
1 オトナ EASY - - 画像
コドモ やさしい
オトナ NORMAL / HARD 4時間以上 2~99%
2 オトナ NORMAL / HARD 2~4時間未満 2~99% 画像
3 オトナ NORMAL / HARD 2時間未満 2~99% 画像
4 オトナ NORMAL / HARD 2時間以上 100% 画像
5 オトナ NORMAL 2時間未満 100% 画像
6 オトナ HARD 2時間未満 100% 画像
コドモ むずかしい
7 コドモ ふつう / むずかしい 4時間以上 2~99% 画像
8 コドモ ふつう / むずかしい 2~4時間未満 2~99% 画像
9 コドモ ふつう / むずかしい 2時間未満 2~99% 画像
10 コドモ ふつう / むずかしい 2時間以上 100% 画像
11 コドモ ふつう 2時間未満 100% 画像
12 オトナ NORMAL - 1% 画像
コドモ ふつう
13 オトナ HARD - 1% 画像
コドモ むずかしい
  • 一度ゲームをクリアすると、タイトル画面の選択肢に『ギャラリーモード』が出現する。ゲームクリア時に獲得したポスターをいつでも閲覧することが可能になる。13種類全てのポスターを揃えると、星マークが表示されるようになる。
  • ゲームを難易度「NORMAL / ふつう」でクリアすると、次回以降ゲームを開始するときに「HARD / むずかしい」が選択できるようになる。
  • 『フュージョン』と同時期に発売された『メトロイドプライム』との連動機能が存在する。いずれか、もしくは双方のソフトにゲームのクリアデータが入っている状態で、GBAケーブルを使用して両ソフトを接続して『メトロイドプライム』を遊ぶと、様々な特典を入手することができる。
ファミコン版メトロイド
GCで初代『メトロイド』が遊べるようになる。一部のボタン配置が異なるだけで、基本的な仕様はオリジナルとほとんど変わっていない。『フュージョン』のクリアデータが必要
フュージョンスーツ
フュージョンスーツを着用した状態で『メトロイドプライム』を遊ぶことができるようになる。『プライム』のクリアデータが必要

他機種版

『メトロイド フュージョン』は、後発のゲームハードに様々な形式で移植されている。

ニンテンドー3DS アンバサダープログラム

Wii U バーチャルコンソール

2014年4月30日配信開始。

紹介映像

関連項目

脚注

  1. メトロイド フュージョン 制作スタッフインタビュー
  2. 国内版のみの仕様。初プレイ時には「EASY」「NORMAL」の2つから選択可能で、難易度「NORMAL」でゲームをクリアすると「HARD」モードが解禁される。
  3. 国内版のみの仕様。さらに2種類のモードでゲームクリア時に獲得できるエンディングポスターの種類が異なっている。

外部リンク

メトロイドシリーズ
メトロイド メトロイド | メトロイドⅡ | スーパーメトロイド | フュージョン | ゼロミッション | Other M | サムスリターンズ
プライム メトロイドプライム | ダークエコーズ | ピンボール | ハンターズ | コラプション | Trilogy | フェデレーションフォース
クロスオーバー 大乱闘スマッシュブラザーズ(初代 | DX | X | for 3DS | for Wii U)
漫画 マガジンZ | サムス&ジョイ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki