FANDOM



メトロイドプライム ハンターズ』(Metroid Prime Hunters) は、2006年6月1日に発売されたニンテンドーDS専用ソフト。『メトロイドプライムシリーズ』第3作目。

ストーリー

---ミッションファイル 79109---
「究極の力の秘密、アレンビックに眠る」

データ確認
銀河連邦の所属テレパスが先刻受信したこのテレパシーメッセージは 「テトラ銀河系」の未開の宙域「アレンビッククラスター」より発信されたものである。

---要項---
1.メッセージの真意を調査せよ。
2.可能ならば「究極の力」を銀河連邦の管理下に確保せよ。
3.不可能であれば、「究極の力」を完全に封印するか、破壊されたし。

---潜在的事態---
テトラ銀河系は銀河連邦の勢力圏外に位置しており、アレンビッククラスターはその中でもさらに未開の宙域にあたる。 これは極秘ミッションとなる。
しかし、残念ながら銀河連邦以外の存在が、テレパシーメッセージをすでに受信している事を確認している。
「究極の力」、その魅力は耐えがたいものであるはずだ。それを巡り戦闘が予想される。 万全の準備をもって臨まれたし。

座標アップロード開始_

宇宙のはるか遠く、銀河連邦の勢力圏よりもはるか遠くに、「アレンビッククラスター」として知られる星域がある。かつて平和的かつ強大なアレンビック族の文明が、この地を支配していた。だが、恐らく数千年前、あるいは数万年前、最高の兵器に護られた「オクトリス」を残して、彼らはこつ然と姿を消した。

それから幾世紀もの時を経た現在、奇妙な事件が起こる。アレンビッククラスターから発信されたテレパシーメッセージが、銀河中でも特に上位に位置する者たちの頭脳に届いたのだ。メッセージは数千の言語、数千の言葉に翻訳されたが、その意味するところはすべて同じであった。「究極の力、その秘密はアレンビッククラスターに眠る」と。

このメッセージは名高い6人のバウンティハンターを魅了し、彼らはそれぞれの理由を胸に、アレンビッククラスターへと向かった。自身のため、あるいは星や種族のために力を求める者、あるいは己こそが銀河最高のハンターであることを証明するために、闘争と破壊を求める者。ハンターたちは競い合って、「究極の力」の正体を解き明かそうとする。

一方、この奇妙な事件を知った銀河連邦も、メッセージの真相を解明するため、サムス・アランをアレンビッククラスターに派遣する……。

ゲームシステム

アドベンチャーモード

マルチプレイモード

1枚のDSカードからゲームをダウンロードして通信対戦する「シングルカードプレイ」、4つのDSカードを使う「マルチカードプレイ」、そして世界中のプレイヤーと対戦できる「Wi-Fiコネクションプレイ」[2] があり、これらそれぞれにおいて7つの対戦モードが楽しめる。

ゲームモード

以下の7つのモードから選ぶことができる。モードにより選べるステージが異なる。
バトル
他プレイヤーを何人倒せるか競うモード。
サバイバル
最後まで生き残ったプレーヤーの勝ち。
プライムハンター
最初に他のプレイヤーを倒したハンターが「プライムハンター」となり、最も長くプレイムハンターであったプレイヤーの勝ちとなる。
バウンティ
オクトリスを手に入れてゴールまで一定数運ぶ早さを競う。
キャプチャー
相手チームのオクトリスを奪い、自分のチームのゴールまで持ち帰る。
ディフェンダー
ディフェンダーリングに一人で入っている間だけ時間がカウントされ、より長くリング内にいたプレイヤーが勝つ。
ノード
ノードリングの中に立ち、リングを自分のものにするとポイントが加算。ポイント数を競う。

選択可能なハンター

以下のハンターを選択可能。ハンターによって特徴がある。

ステージ

以下のステージが存在する。ゲームモードによっては選べない場合もある。
  • コンバットホール
  • データシュライン
  • プロセッサーコア
  • ハイグラウンド
  • アイスハイブ
  • アリノスガーデン
  • アタックトランジット
  • トランスファーロック
  • サンクトーラス
  • コンプレッサールーム
  • インキュベーター
  • サブテラニアン
  • アウターリーチ
  • ハーヴェスター
  • ウェポンブロック
  • カウンシルチェンバー
  • エルダースロード
  • フュールスタック
  • フォールトライン
  • ステイシスラボ
  • ヘッドショット
  • セレスゲートエリア
  • アリノスゲートエリア
  • ベスパーゲートエリア
  • アークゲートエリア
  • オブリエット

舞台

テトラ銀河系のアレンビック族がかつて住んでいたアレンビッククラスターが舞台となる。

各エリアにある部屋の詳細はメトロイドプライム ハンターズ/部屋 一覧を参照。

アイテム

アドベンチャーモード

※達成率を100%にするにはログブックも全て埋めなければならない。

マルチプレイモード

ハンター

※括弧内は(トランスフォーム名/得意ウェポン)

クリーチャー

メトロイドプライム ハンターズ/クリーチャー 一覧を参照。

エンディング・クリア特典

豆知識

  • 本作はシリーズの中で唯一、浮遊生命体『メトロイド』が亜種を含め一切登場しない作品となっている。
  • 開発段階において本作は、各種ゲーム雑誌などで『メトロイドプライム ハンターズトーナメント』というゲームタイトルで紹介されていた。

ギャラリー

紹介映像

脚注

  1. 『ファミ通ゲーム白書2007』ISBN 978-4-7577-3577-4
  2. ニンテンドーDSのWi-Fiコネクションサービスは、2014年5月20日に終了した。

外部リンク

メトロイドシリーズ
メトロイド メトロイド | メトロイドⅡ | スーパーメトロイド | フュージョン | ゼロミッション | Other M | サムスリターンズ
プライム メトロイドプライム | ダークエコーズ | ピンボール | ハンターズ | コラプション | Trilogy | フェデレーションフォース
クロスオーバー 大乱闘スマッシュブラザーズ(初代 | DX | X | for 3DS | for Wii U)
漫画 マガジンZ | サムス&ジョイ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。