FANDOM




メトロイド』(Metroid) は、1986年8月6日に発売されたファミリーコンピュータ ディスクシステム専用ソフト。『メトロイドシリーズ』および『初期三部作』第1作目。

概要

ファミリーコンピュータ ディスクシステム専用ソフト第5弾として発売された探索型アクションゲーム。ハードSFの世界観や主要アクションが飛び道具であるゲーム主人公など、当時の任天堂では初となる試みが数多くなされているゲーム作品となっている。開発元は任天堂開発第一部であり、インテリジェントシステムズ社も開発に関与している。のちにシリーズ化され、任天堂の代表的なゲーム作品群となった『メトロイドシリーズ』の第1作目である。

迷路のような広大なダンジョンを進みながら、アイテムや隠し通路を探し当てていく「探索」を重視したゲームシステムが、本作最大の特徴。主人公のサムス・アランは、初期状態では攻撃力・防御力ともに弱めに設定されているが、各エリアに隠された様々なパワーアップアイテムを取得していくことで、サムスの能力を強化していくことができるほか、取得したアイテムを利用してダンジョン内の障害物を破壊し、探索範囲を拡大することも可能となっている。

開発・発売までの経緯

1985年、当時任天堂開発第一部の部長であった横井軍平によって清武博二松岡洋史の2名の新人デザイナーが指名され、本作の開発プロジェクトは始動した。清武・松岡ともに任天堂に入社してから1∼2年の新人であり、ゲーム&ウオッチの開発に携わった経験はあったものの、テレビゲームの開発経験は過去に一度もなかった。しかし、部長の横井は「絵が描けるヤツは、ゲームもつくれるはずや」という独自の理念の持ち主であり、清武・松岡両名ともにその資質があると見込んだ上での采配であった。当時はファミリーコンピュータの売れ行きが非常に好調であり、そのためファミコン専用ソフトを可能な限り多く供給することが社の急務であったため、このように新人スタッフ数名に任せきりの開発プロジェクトが乱立するという事例は珍しいことではなかったという。

このような経緯で新作ゲームの製作を一任された清武・松本両名であったが、メンバーが新人しかいないこの仕事環境に対して不安を抱くことは少なく、ゲーム開発のノウハウや知識が全く無かったこともあり、自分達のペースで気楽に仕事を行えることに対する安堵の方が大きかったという。また、横井氏が「最後の面倒は見るから」と、もしゲーム開発が思うように進行しなかった場合でも、何とかしてゲームを完成させることを約束していたため、自分たちの仕事が無駄にならないようにすればいいだろうというスタンスで仕事に取り組むことができたと、後に清武は語っている。

清武と松岡は相談を行い、銃を持った身体能力の高い戦士が、宇宙を舞台に戦うリアル・ダークSFの世界観を持つアクションゲームの開発を決定。開発当初は『スペースハンター』という仮名称が付けられていた。後に地下鉄の「メトロ」と「アンドロイド」を合成した造語『メトロイド』にゲームタイトルを変更している。

本作の開発にあたり、清武は当時大ヒットしていたアクションゲーム『スーパーマリオブラザーズ』との差別化を図ろうと考えた。

そうしたアートの動きに関する仕様を作成し、仕様書をインテリジェントシステムズ社に持ち込んでプログラムを組んでもらい、それを本社に持ち帰って評価を受ける、といった仕事を繰り返していた。

ストーリー

キンキュウ シレイ
ワクセイ ゼーベス ノ メトロイド ヲ タオシ
キカイ セイメイタイ マザーブレイン ヲ ハカイ セヨ!


ギンガ レンポウ ケイサツ M510

コスモ歴2000年代、銀河系では、多くの惑星からの代表者からなる、議会をもとに「銀河連邦」を設立し、繁栄の時代を迎えていた。文明や文化の交流が盛んに行われ、多くの星間連絡船も行き来していたが、一方でその船を襲う宇宙海賊も現れた。 連邦局は銀河連邦警察を組織したが、海賊の攻撃は強力で広大な宇宙の中で捕えることは困難であった。そこで連邦局では連邦警察とは別に勇猛果敢な戦士たちを集め、海賊たちと戦わせた。彼らは宇宙戦士 (スペース・ハンター)と呼ばれ、海賊を捕え賞金を受け取る、宇宙の賞金稼ぎであった。

コスモ歴20X5年、重大な事件が起きた。外宇宙調査船が宇宙海賊に襲われ、「惑星SR388」で発見された未知の生命体のカプセルを奪われてしまったのである。生命体は一種の浮遊生命体で、β線を24時間照射すれば活動を再開し増殖する。しかもSR388星の文明は、何者かによって破壊された疑いがあり、発見された生命体に原因がある可能性が強かった。不用意に増殖させると非常に危険なのだ。この生命体を「メトロイド」と名付け地球へ持ち帰ろうとしたところを、宇宙海賊に奪われてしまったのだ! 「メトロイド」が海賊の手によって増殖され、武器として使われるようになれば銀河文明は破滅してしまう。連邦警察は必死の捜索の末、海賊の本拠地「要塞惑星ゼーベス」を発見、総攻撃を行ったが、海賊の抵抗は強く、攻め落とすことはできなかった。要塞の中心部ではメトロイドを増殖させる準備が着々と進められているらしい。

連邦警察は最後の手段として宇宙戦士をゼーベスの内部に侵入させ、要塞の中心であるマザーブレインを破壊する作戦を決定。選ばれた宇宙戦士が「サムス・アラン」である。彼は最も優秀な宇宙戦士であり、絶対不可能といわれた数多くの事件を解決してきた。全身にサイボーグ強化手術をうけ超能力も身につけた人物で、敵のパワーを吸収する彼のスペース・スーツは海賊たちにも恐れられていた。しかし彼の真の正体はまったく謎に包まれていた。

惑星ゼーベスは自然の要塞で、外側は特殊な岩におおわれ、内部が複雑な迷路になっている。しかも、海賊の手によって様々な仕掛けや"わな"がはりめぐらされており、いたるところに不気味な海賊の手下が待ちうけている。サムスはゼーベスの侵入に成功。残された時間は少ない。サムスはメトロイドを倒し、銀河文明を救えるだろうか?

操作方法

ファミリーコンピュータ専用コントローラーⅠを使用してサムスを操作する。

サムスの操作

操作 対応キー
移動 十字ボタン左右
銃を上に向ける 十字ボタン下
ジャンプ Aボタン
回転ジャンプ / スクリューアタック 十字ボタン左右 + Aボタン
ビーム / ミサイルの発射 Bボタン
ビーム / ミサイルの切り替え SELECTボタン
丸まる 十字ボタン下
爆弾の設置 Bボタン
丸まり解除 十字ボタン上 / Aボタン
ゲームの一時中断 / 再開 STARTボタン

タイトル画面での操作

操作 対応キー
項目の選択 SELECTボタン
項目の決定 STARTボタン
文字の選択 (ファイル登録画面) 十字ボタン
文字の決定 (ファイル登録画面) Aボタン
1つ戻る (ファイル登録画面) Bボタン

舞台

宇宙海賊の本拠地である要塞惑星ゼーベスが舞台となる。

ブリンスタ

ゲームのスタート地点となる、岩で覆われた広大なエリア。サムスを強化できる基本的なパワーアップアイテムが各所に存在する。エレベーターを介してノルフェア、小ボスの部屋Ⅰ、ツーリアンに接続されている。

ノルフェア

炎の海が広がる灼熱のエリア。サムスを強化するパワーアップアイテムが最も多く存在するエリアでもある。エレベーターを介してブリンスタ、小ボスの部屋Ⅱに接続されている。

小ボスの部屋Ⅰ

ブリンスタから到達可能なエリア。最深部では小ボス クレイドが待ち構えている。エレベーターを介してブリンスタに接続されている。

小ボスの部屋Ⅱ

ノルフェアから到達可能なエリア。最深部では小ボス リドリーが待ち構えている。エレベーターを介してノルフェアに接続されている。

ツーリアン

ゼーベスの中枢に位置する最終エリア。2体の小ボスを倒し、ブリンスタ上方に位置する部屋で小ボスの像を起動させることで部屋に橋が架かり、到達可能となる。宇宙海賊によって増殖された浮遊生命体 メトロイドが数多く生息している。最深部には海賊を統括する機械生命体 マザーブレインが待ち構えている。

アイテム

クリーチャー

メトロイド/クリーチャー 一覧を参照。

音楽

曲名 使用箇所 備考
01 タイトルBGM タイトル画面 NES版で変更
02 サムス登場ジングル ゲーム開始時 NES版で変更
03 ブリンスタ (岩ステージ) ブリンスタ -
04 小ボス部屋 (Ⅰ) ~クレイド クレイドの部屋 -
05 ノルフェア (炎ステージ) ノルフェア -
06 小ボス部屋 (Ⅱ) ~リドリー リドリーの部屋 -
07 静寂 アイテム部屋・エレベーターなど -
08 アイテム取得ジングル アイテム取得時 NES版で変更
09 ツーリアン (基地ステージ) ツーリアン -
10 ゼーベタイト マザーブレイン戦 -
11 脱出 脱出イベント時 NES版で変更
12 エンディング エンディング時 NES版で変更

エンディング

Samus Menu Pose M1 ネタバレ要素を確認: 以降の記述には、ゲーム・漫画などの核心部分について記述されている可能性があります。

ゲームをクリアした時間によって、サムスが様々なアクションを取る。エンディングの種類は全5種類。

クリア時間 エンディング内容
01 10時間以上 サムスが後ろを向いて泣く
02 10時間未満 サムスがガッツポーズを取る
03 5時間未満 ヘルメットを脱ぐ
04 3時間未満 スーツを脱ぎレオタード姿になる
05 1時間未満 スーツを脱ぎビキニ姿になる

他機種版

『メトロイド』は、後発のゲームハードに様々な形式で移植されている。当項目では、その詳細について解説する。

NES版 (海外版)

NES (Nintendo Entertainment System) に移植された海外版ソフト。ゲームタイトルは『METROID』。海外では『ファミリーコンピュータ』と同性能のゲームハード『NES』が流通していたが、『NES』には『ディスクシステム』に相当する周辺機器が開発・販売されていなかったため、国内版『メトロイド』の仕様を一部改変したゲームデータをNES専用ロムカセットに移植し、発売された。国内版と比較すると、以下のような差異が見受けられる。
  • バックアップ機能が廃され、パスワード制が採用されている。
  • ゲームハードの音源数の減少を受けて、一部の収録BGMの曲調が変更されている。特に顕著なのがマザーブレイン撃破後の脱出時に流れる「脱出」であり、国内版には無いフレーズが新たに挿入されている。
  • ゲームをクリアすると、クリア時に獲得していたアイテムを全て装備した状態でゲームを始めから遊ぶことができる。
  • サムスがスーツを脱ぐエンディングを終えた状態で2周目を遊ぶと、スーツを脱いだ状態のサムスを操作することができる。キャラクターの外見が変わっただけであり、操作の仕様変更などは特に無い。

メトロイドプライム&フュージョン 通信特典

GBAソフト『メトロイド フュージョン』とGCソフト『メトロイドプライム』の連動特典。クリアデータのある『フュージョン』をGBAケーブルを使用してGC本体に接続し、『プライム』を起動させることで遊べるようになる。
GCコントローラーを使って遊ぶため、一部のボタン配置が変更されているが、ゲーム内容はディスクシステム版とほぼ変わらない。また、A面・B面の切り替えに関するメッセージが廃されているほか、長いロード時間が短縮化され、オリジナルと比較してゲームプレイが快適になっている。

オリジナルメトロイド (メトロイド ゼロミッション クリア特典)

GBAソフト『メトロイド ゼロミッション』をクリアすると、前述のNES版『メトロイド』遊べるようになる。『ゼロミッション』

ファミコンミニ

ファミリーコンピュータ発売20周年を記念して発売されたGBAソフトシリーズ『ファミコンミニ』第23弾として発売された。
ファミコンの画面解像度が256×240ドットであるのに対し、GBAは240×160ドットとなっているため、移植に際して画面全体が若干縮小されている。

Wii バーチャルコンソール

2008年3月4日配信開始。全体的に暗い画面になってしまっている。

ニンテンドー3DS バーチャルコンソール

2012年2月29日配信開始。『まるごとバックアップ機能』

Wii U バーチャルコンソール

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

2016年11月10日に発売された『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』に収録されている全30タイトルに本作も含まれている。

ギャラリー

紹介映像

脚注


関連項目

外部リンク

メトロイドシリーズ
メトロイド メトロイド | メトロイドⅡ | スーパーメトロイド | フュージョン | ゼロミッション | Other M | サムスリターンズ
プライム メトロイドプライム | ダークエコーズ | ピンボール | ハンターズ | コラプション | Trilogy | フェデレーションフォース
クロスオーバー 大乱闘スマッシュブラザーズ(初代 | DX | X | for 3DS | for Wii U)
漫画 マガジンZ | サムス&ジョイ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。