FANDOM




メック』(Mech) は、銀河連邦軍が開発した大型バトルアーマー。対パイレーツ白兵戦用に特化した兵器であり、銀河連邦軍の精鋭部隊フェデレーションフォースによって管理・運用されている。

概要

ダークサムス率いるスペースパイレーツの一団によってもたらされたフェイゾンの汚染による宇宙規模の危機は、サムス・アランの活躍によって阻止された。しかし、スペースパイレーツは完全に壊滅してはおらず、銀河社会は平穏を取り戻してはいなかった。

コスモ歴20X6年、銀河連邦軍はパイレーツの殲滅を目的とした極秘オペレーション『ゴーレム』を発動。サムスのパワードスーツを基本モデルとする大型バトルアーマー『メック』の開発に着手した。同時に過酷な訓練を耐え抜いた兵士を集めた軍の精鋭部隊『フェデレーションフォース』を組織し、メックの搭乗者として採用した。

機体性能

Cockpit in Mech MPFF

メックのコックピット。様々なコンソールが集約されている。

搭乗者は機体背面にある開閉式の搭乗口からメックに乗り込む。搭乗の際には脚部のカバーが開かれ、搭乗口まで上るための足場として利用することができる。

コックピット前面に映し出されるメイン画面には、自機メックのエネルギー残量やホバーゲージ、スコアなどが表示される。コックピットの操縦桿に設置された下部ディスプレイには、デフォルトではマップが表示されている。左にあるアイコンをタッチすることで詳細マップ、仲間の状態、各種ログなどの重要データを確認することが可能。

初期状態のメックのバイザーや発光部位は水色になっているが、このカラーリングは出撃の際に変更される。1Pは青色、2Pは赤色、3Pは黄色、4Pは緑色にそれぞれ変化し、これによって各メックの搭乗者が判別しやすくなる。また『メックペイント』を使用することで、メックのビジュアルをプレイヤーの好みに合わせて変化させることが可能。搭乗者の個性を周囲にアピールすることができる。

装備・機能

アームキャノン

メックの右腕に装備された主力武器。サムスのアームキャノンと同等の性能を持つ。ターゲットをロックオンすることで、より正確な射撃を行うことが可能。さらにロックオン中に照準を移動させるロックオンフリーエイムを使用することで、ロックオン状態を維持しながら敵の弱点を的確に狙撃することもできる。
通常装備のパワービームを使用して攻撃することができるほか、ビームの威力を高めて発射する強力なチャージビームも使用可能。チャージビームは、チャージ時間に比例して段階的に威力が増大する。最大威力のチャージビームを発射する際には、メックのアームキャノンが大きく変形する。
後述のサブウェポンも、アームキャノンから発射して使用する。アームキャノン側面から選択したサブウェポンのホログラムが表示され、これにより現在選択装備中のウェポンを把握することができる。

サイドステップ

横方向に素早く移動することで、敵の攻撃を回避するアクション。対象物をロックオンしながらサイドステップを行うと、ターゲットを中心に円を描くように移動することが可能であり、これを利用して敵の背後に素早く回り込むこともできる。従来の『メトロイドプライムシリーズ』とは仕様が異なり、敵をロックオンしていない状態でもサイドステップを使用することができる。

ホバージャンプ

通常のジャンプ移動に加えて、空中を一定時間移動するホバージャンプが使用可能。ホバージャンプを使用するとメイン画面左上のホバーゲージが減少していき、残量が0になると落下する。ホバーゲージは地上に立つと自動的に回復され、これにより再度ホバージャンプが使用可能となる。サムスが過去に使用したグラビティブーストの操作感に近い。点在する足場をジャンプで移動する場面や、地面を伝ってくる衝撃波などの攻撃を回避する場面で重宝する。

サブウェポン

ミッション出撃前に銀河連邦から支給される追加装備。各ウェポンには重量が設定されており、規定の重量制限の範囲内で複数のウェポンを装備することができる。「ミサイル」「ファイアショット」などの攻撃に特化した『オフェンス』、「リペアカプセル」「シールドジェネレーター」といった回復や防御を目的とした『サポート』、「スロービーム」「スキャンショット」などの戦闘を有利に運ぶための補助装備『アシスト』の3種類に分類される。コンテナなどを破壊したときに出てくるアモを取得することで、ミッション出撃前に取得していなかったサブウェポンでも、重量制限の範囲内で装備することができる。
以下の12種類のサブウェポンが使用可能。各ウェポン詳細は該当記事を参照。
サポート
オフェンス
アシスト
スペシャル
  • ドローン - プレイヤーをサポートする自立思考型メカノイド。

チップ

チップスロットに装填することで、メックの基本性能を向上させる追加装備。最大3つまで所持することができる。メックの防御力を上げるものや、各種装備の威力や能力を高めるものなど、様々な効果のチップが存在する。
エネルギー残量が0になってメックがダウンしたり、ミッションを途中で抜け出したりすると、装備していたチップが破損してしまい、使用不能となってしまう場合がある。

バリエーション

メックペイント

『カスタマイズ』で任意のメックペイントを選択することで、アーマーに塗装が施されたメックを使用することが可能。デフォルトでは「ノーマルカラー」に設定されている。ミッションをクリアすると入手できるメダルの取得数に応じて新しいメックペイントが解禁されていく。現在のペイント総数は29種類。
専用のamiiboを読み込ませることで入手可能な一部の特殊ペイントには、メックに追加能力を付与する効果がある。『バウンティーハンター』を使用すると、通常1ウエイトで3発しか装備できないミサイルの弾数が10発にまで上昇する。『ゼロスーツ』を使用すると、通常2ウエイトで1発しか装備できないスロービームの弾数が5発にまで上昇する。『浮遊生命体』を使用すると、通常2ウェイトで1発しか装備できないリペアカプセルの弾数が5発にまで増加する。

競技用メック

Blast Ball Mech Indigo MPFF

インディゴカラーの競技用メック。

銀河連邦軍が考案した訓練用競技『ブラストボール』で使用される専用メック。基本的な性能は戦闘用メックとほぼ変わらないが、ホバージャンプなどの一部のアクションは使用できない。また、ビームを発射すると照準に表示されているビームエネルギーゲージが減少していき、残量が少なくなるとビームを連射できなくなってしまう。ビームの発射を一時中断すると、ビームエネルギーが回復する。
補助装備として、ボールにビームを撃ちこむと出現する『シールド』『アドレナリン』『イジェクト』の3種類のアイテムを任意で使用できる。いずれか1つだけを所持することが可能だが、メックのエネルギーが0になると所持していたアイテムは失われる。
インディゴとゴールドの2種類のベースカラーが存在。通常のメックと同様に、豊富なメックペイントを使用することで、メックのビジュアルを自分好みに変更することも可能である。

オフィシャルデータ

公式サイト

銀河連邦軍が開発した「メック」。
選び抜かれた隊員「フェデレーションフォース」のみが搭乗できるこのバトルアーマーは、
さまざまなウェポンやチップを装着することにより、多彩な性能を発揮する。

「フェデレーションフォース」のみが搭乗できるバトルアーマー「メック」。
この「メック」の性能を最大限に駆使していくことが、スペースパイレーツとの戦いの攻略の鍵となる。

メトロイドプライム フェデレーションフォース 公式サイト


登場作品

ギャラリー

豆知識

  • Sammy Hall氏が手掛けたメトロイドプライム3 コラプションのコンセプトアートには、銀河連邦製と推測される大型ロボットのイラストが散見される。これらのロボットが、メックの原型となった可能性がある。