FANDOM


ムーア』(Mua / Acid Worm) は、クレイドの有毒液内部に生息する大型クリーチャー。『ムーワ』とも呼称されている[1]

解説

ブリンスタ深部に位置するクレイドエリアに出現するクリーチャー。巨大なワームのような生命体で、紫色の堅い甲殻に身を包んでいる。また有毒液に耐性があり、普段は有毒液の中で生息している。非常に獰猛な性質で、有毒液の中から出現して獲物に襲い掛かり、鋭い牙が無数に生えた口で攻撃する。その外見や行動から、「溶岩の魔手」の異名を持っている。

戦闘

ムーアはハングリフトの起動スイッチが置かれた、クレイドエリアの右上に位置する部屋に待ち構えている。スイッチを起動後、帰路の道中で突き当たる部屋で、天井部に設置されたハングリフトを利用すると、部屋の下に満たされた有毒液の中からムーアが出現、サムスに向かって突進攻撃を行ったものと思われるが、狙いが外れたために天井に追突してしまう。その後、ハングリフトから降りて戦闘に突入する。
ムーアの弱点は、胴体についている赤色の発光部位で、ビームやミサイルを撃ち込むことでダメージを与えることが可能。ムーアを撃破すると本体が爆発し、悲鳴を上げながら消滅する。さらに有毒液の水位が下降していき、グレーゲートのロックが解除される。
戦闘時には、以下の攻撃行動を行う。
突進攻撃
Mua Attack 01 MZM

リフトを利用してムーアの攻撃を回避するサムス。

ムーアの基本的な攻撃手段。有毒液の中から頭を出して突進し、口にある牙を使って噛みついて攻撃を行う。攻撃の直前には、有毒液の中で牙を動かす動作を行う。サムスの立ち位置に狙いを定めてから突進してくるため、命中精度が高い。また、ダメージが蓄積されていくと突進時のスピードが上昇する。
Mua Attack 02 MZM

胴体にある弱点部位をビームで狙撃。

天井に設置されたハングリフトを利用すれば、容易に突進攻撃を回避することができる。ハングリフトの真下に位置する足場で待機し、ムーアを十分に引き付けてからハングリフトに掴まり、攻撃を回避すると、ムーアが足場に食らいついたまま動かなくなる。このとき反対側の足場から弱点部位を狙いやすくなり、ビームやミサイルを連射して大打撃を与えることが可能。
有毒液水位上げ
Mua Attack 03 MZM

有毒液の水位を上げるムーア。

ある程度のダメージを受けたムーアは、有毒液の水位を上げて攻撃を試みる。有毒液の内部で縮こまった後、口を大きく開けて小刻みに振動すると、有毒液の水位が上昇し、一定の高さまで達すると再び元の水位にまで下降していく。部屋の両端にあるゲート前の足場まで退避すれば、有毒液に触れることなく安全に回避することが可能。また、バリアスーツを早期取得していれば有毒液に触れてもダメージを受けない。
紫色弾吐き出し
Mua Attack 04 MZM

紫色の弾を吐き出すムーア。

突進攻撃を行う前にゲート前の足場に立つと、サムスの立ち位置に向かって、口から紫色の弾を数発吐き出して攻撃する。この弾はビームなどで破壊することが可能で、エネルギーボールミサイルアモなどがドロップするため、戦闘中の回復手段として利用することができる。

登場作品

豆知識

  • ムーアは、ハングリフトのスイッチを起動しなければ部屋に現れず、戦うことができない。スイッチ起動前に部屋に入ると有毒液が部屋を満たしており、数体のリオが出現するだけであり、ムーアの姿は見られない。
  • ムーアが出現するクレイドエリアの右上のエリアは、リメク元の『メトロイド』では、ゲーム攻略の上で必要なものが全くない無意味な空間となっている。

ギャラリー

脚注

  1. 『任天堂公式ガイドブック メトロイド ゼロミッション』などの書籍ではこちらで呼ばれている。


メトロイド ゼロミッションに登場するクリーチャー一覧
アトミック | ウェーバー | ガドラ | ガメト | カラームツーター | カラームツーターの実 | ギガ | キル・ギル | クレイド | ゲルーダ | サイドホッパー | 作業ロボット | ジーマ | ジーラ | スカルテトラ | スクウィプト | スクリー | ゼーベス星人 | ゼブ | ゼボ | ソーバ | 大軍神 | ディオルム | デスギーガ | ドラコーン | バリスト | ビオラ | ポリプ | ホルツ | マザーブレイン | マルテビオラ | ムーア | メーアイ | メーマ | メカリドリー | メトロイド | メラ | メロ | メロの巣 | リオ | リドリー | リッパ | リッパⅡ | リンカ