FANDOM


まずはこのナードという餌を求めて飛びはねるだけの
他愛ない生き物に注目してほしい

オールドバード


ナード』(Hornoad) は、惑星SR388に生息する小型生物。

解説

SR388原生のカエルに似た陸棲生物。惑星の地下にある洞窟内部に多数生息している。発達した一対の後足を使い、地上を飛び跳ねて移動する。常に餌を探し求めているためか非常に攻撃的な性質で、自分より体の大きいサムスに対しても牙をむいて飛び掛かってくる。また、口から酸液を吐き出して攻撃することもできる。

しかし、攻撃的な性質に反してナード自身の耐久は貧弱であり、低威力の武器で容易に倒すことができる。また、メトロイドグルグなどといった他の捕食者の餌食になることが多い。惑星に生息する寄生生物、Xの格好の捕食対象でもあり、シリーズ作品中ではXに寄生され絶命するナードや、Xがナードの姿に擬態した様子などが頻繁に見受けられる。これらの描写を見る限り、ナードはSR388における食物連鎖の下層に位置する生物であることが推測できる。

各作品における特徴

メトロイドⅡ RETURN OF SAMUS

Hornoad 01 M2

地上を跳ねるナード。

初登場。体色は緑色で腹は黄色、目の色は赤色[1]。SR388の洞窟内を飛び跳ねているだけで目立った攻撃行動は取らないが、触れるとダメージを受けてしまう。攻撃力値は10[2]ミサイルを使用すれば一撃で倒すことができる。倒すと高確率でミサイルアモがドロップする。

メトロイド フュージョン

Army of Hornoad-X MF

SRXに出現するナードの群れ。Xが擬態した姿である。

B.S.Lメインデッキセクター1 SRXに出現する。本作のナードはXが擬態した姿であるため、オリジナルと異なる点が多い。体色は毒々しい赤紫色で腹の色は水色。全身にはイボのような突起物が確認できる。従来の飛び跳ねる移動方法は健在であり、さらに目の前にサムスを見つけると口から緑色の酸を吐いて攻撃するなど、『Ⅱ』の個体より凶暴性が増しているが、攻撃力や耐久は高くない。サムスの持つすべての武器が有効であり、倒すと擬態が解除され、ゲル状のXの姿に戻り周辺を浮遊する。

メトロイド サムスリターンズ

Hornoad Green MSR

エリア1に出現する通常種のナード。

SR388のあらゆるエリアに出現。通常種の体の色は緑色で、目の色は黄色。口には鋭い歯、背中には鋭利なヒレが生えており、眼の瞳孔が縦長になり、尻尾のような部位が追加されているなど、『Ⅱ』や『フュージョン』の個体と比較すると爬虫類寄りかつ凶悪な外見となっている。普段は地上を飛び跳ねているだけだが、サムスが近づくと飛びかかって噛み付き攻撃を行う。この攻撃はメレーカウンターで無効化して反撃することが可能。
エリア3以降では、体がオレンジ色の上位互換種が出現する。攻撃力・耐久力が上昇しており、危険度が上昇している。通常種と同様に噛み付き攻撃を得意としており、さらにサムスとの距離が離れている場合は、緑色の酸を吐き出して攻撃してくる。装備が少ない段階では苦戦を強いられるが、プラズマビームスクリューアタックなどの強力な武器を入手してからは対処しやすくなる。
Hornoad-X MSR

Xが擬態したナード。大きく姿を変えてより凶暴になっている。

ゲームクリア後に視聴できるエンディングムービー中でも登場。サムス達がSR388から離脱した後、嵐が過ぎ去った地表エリアに1体のナードが姿を見せる。この個体は非常に好奇心が旺盛で、地面に生えたキノコのような大型菌糸類の臭いを嗅ぎ、プロテウスリドリーが残したと思われる金属製の義手を発見し、餌と間違えて噛み付くなどといった気ままな行動をしていた。そのとき、黄色のゲル状の飛行物体がどこからともなく出現。頭上を横切っていったその物体に強い興味を示したナードは、物体の後を追跡して遺跡の柱がある場所まで跳ねていった。しかし、ナードが物陰に差し掛かったところで物体がナードに飛び掛かり、か細い悲鳴が上がった。その後、先ほどまでの姿とは似つかないほどの変貌を遂げたナードが物陰から姿を見せる。体は赤紫色、目の色は青色に変化しているほか、背中には鋭く尖ったヒレが並び、鋭利な牙が生え揃った口の内部には液体を発射する器官が新たに形成されている。これはXが擬態したナードであり、『フュージョン』に登場したものと同種の個体である。メトロイド絶滅後、惑星の地表部にまで進出したXはその個体数を急激に増やしていくことになる。
クリア特典のチョウゾメモリーにも度々登場。2枚目のイラストでは、ナードの死骸からエイオンが放出されている様子やグルグに捕食されている姿が描かれてる。4枚目のイラストでは、Xがナードの姿に擬態する経過が、6枚目では鳥人族の解き放ったメトロイドにXや擬態ナードが襲われている様子が確認できる。

メトロイドプライム

クリア特典のギャラリーモードに収録されている設定資料中の挿絵に登場。至近距離で発射すると威力が高まる『フュージョン』のチャージビームの仕様解説がなされており、標的としてXが擬態したナードが採用されている。

METROID Other M

ギャラリーモード ART14に収録されているウェーバーの設定資料に、ナードと思しき生物の挿絵が登場。ウェーバーの体当たり攻撃を受けて気絶し、その後ウェーバーに体液を吸われている様子がラフスケッチで描かれている。

メトロイド (マガジンZ)

第4話「脅威」において、オールドバード達が惑星SR388を調査した際に撮影した映像にて登場。Xの追跡から免れようと洞窟へと逃げ込んだものの、飛来した多数のXが付着してしまい、悲鳴を上げながら溶解、骨だけの姿に成り果てて絶命した。その後、寄生の際に得たナードのDNA情報を基にして、Xは完全な擬態を果たす。この一連の様子を目にした鳥人族の面々は、Xの危険性の高さを強く認識することになる。

オフィシャルデータ

取扱説明書

洞窟の中を飛び跳ねている。

メトロイドⅡ RETURN OF SAMUS 取扱説明書


SR388の原生生物。洞窟の中を飛び回るカエルのような生物。

メトロイド フュージョン 取扱説明書


豆知識

  • B.S.Lのセクター1 SRXにはXに寄生されていない個体が存在する。背景で動きまわっており、本来の色である緑色をしている。近くには巣とみられる物体がある。Xに寄生されると色が変わり、襲い掛かってくる。

登場作品

ギャラリー

脚注

  1. オフィシャルアートワークより。実際のゲーム画面での配色はモノトーンである。
  2. ノーマルスーツ着用時のダメージ数値。
メトロイドⅡ RETURN OF SAMUSに登場するクリーチャー一覧
アルファメトロイド | オートAD | オートム | オートラック | オクトロル | オメガメトロイド | ガウロン | ガンズー | ガンマメトロイド | クイーンメトロイド | クリーク | グルグ | グルバル | グロー | シールーク | シャーク | スコープ | ゼータメトロイド | セプトー | センジュー | チュート | ツムリ | ドリベル | ナード | ニードラー | パプー | ハラーサン | ピンサー | フラゾ | フリット | プロボ | ベビーメトロイド | マルカラ | ムンボ | メトロイド | メトロイドの卵 | メボー | モーシン | モヒーク | ユーミー | ユンボ | ラムキ | ロックアイシクル | TPO


メトロイド フュージョンに登場するクリーチャー一覧
アルファメトロイド | アウッチ | イシュタル | ウェーバー | エビア | エテコーン | オメガメトロイド | カーゴ | ガドラー | ガンマメトロイド | キハンター星人 | 金色の鳥人像 | ゲドゥ | ゲルーダ | ゲルバス | ゲロン | ゲロン (空調システム) | コア-X | コールドX | サイドホッパー | ザザビー | サムスイーター | サムスイーター(つぼみ) | シーザ | ジーマ | ジーラ | ジェネシス | スカルテトラ | ゼータメトロイド | ゼーベス星人 | ゼーベス星人(金) | ゼーベス星人(水中) | ソーバ | ゾーロ | ゾゾロ | ゾンビのような研究員 | ダチョラ | チュート | 鳥人像 | デスギーガ | ナード | ナイトメア | ナミヘ | ネオリドリー | ハラーサン | バリアコアX | フーネ | プヨ | ブル | プワンプ | ボクス | マルカラ | ミミック | メトロイド | メム | モーシン | ヤード | ヤメーバ | リオ | リッパ | SA-X | X
メトロイド サムスリターンズに登場するクリーチャー一覧
原生生物 ナード | グルグ | モヒーク | ロックアイシクル | ツムリ | モーシン | ハラーサン | グルバル | ラムキ | パラビィ | フラゾ | フリーチ | チュート | ドリベル | ガウロン | グロー | メボー | ムンボ | レッドプランツ
メカノイド オートAD | ガンズー | パプー | オートラック
ゲート関連 ウェブマーグル | アマダドラ | グリンコア
ボス マルカラ | ディガーノート | プロテウスリドリー
メトロイド メトロイド | アルファ | ガンマ | ゼータ | オメガ | クイーン | ベビー |