FANDOM



ゼーベス星人』(Zebesian) は、スペースパイレーツを構成する主な種族。『スーパーメトロイド』以降の『2Dメトロイドシリーズ』において、パイレーツの戦闘員として何度も登場している。

解説

ゼーベスに本拠地を持つ、スペースパイレーツの中心的な構成種族。甲殻類型ヒューマノイドのような外見で、腕が大きなハサミのようになっているのが大きな特徴。ある程度の知能を有しており、仲間同士で言語を使用した会話・意思疎通を行っている様子も確認されている。非常に残忍で攻撃的な性質を持つエイリアンで、本能的に殺戮・略奪の限りを尽くすことから、宇宙のならず者として恐れられていた。戦闘能力の高い支配種 (マスター) に隷属する習性があり、女王バチに対する働きバチのように、自身が支配種と認めた力のある者に対して本能的に付き従う性質を持っている。本体の色によって階級・戦闘能力が異なり、有効な攻撃手段も種類によって異なる。
戦闘能力は比較的高く、両腕に備わった巨大なハサミや高い跳躍力を活かした攻撃を行う。遠距離にいる敵に対しては腕のハサミを開き、内部からビームを発射して攻撃する[1]。さらに全身には産毛のようなトゲがあり、これを利用して壁などに張り付いて移動することができる。
ゼーベスは元来、平和を重んじる鳥人族の住まう惑星であったが、鳥人族の持つ高度なテクノロジーに目を付けたスペースパイレーツの襲撃を受けて占領され、パイレーツの本拠地と化した経緯がある。そのため、ゼーベス星人の母星はゼーベスではなく、他の天体出身の種族となるはずなのだが、その詳細情報については現時点では不明[2]。ゼーベス由来ではないこの侵略種族が、何故自らを「ゼーベス星人」と名乗ったり、第三者にそのように呼ばれたりするのかという疑問について、『メトロイドシリーズ』の主な開発者である坂本賀勇は「アメリカに移住してきた民族が、自らをアメリカ人と呼ぶようなものですね。」と回答している。そのためゼーベスの過酷な惑星環境には耐性がなく、環境に適応するために人工的な生体調整を施す必要がある。

各作品における特徴

スーパーメトロイド

初登場。スペースパイレーツの一般構成員としてサムスに襲いかかる。地面を歩行移動するタイプと、壁に貼り付いて移動するタイプの2種類が存在。
灰色
Zebesian Gray SM
クレテリアの旧ツーリアン跡地や再建されたツーリアンに出現。耐久力が極めて低く、初期装備のノーマルビーム1発で倒すことができる。サムスの持つすべての武器が有効。
緑色
Zebesian Green SM
クレテリアとブリンスタに出現。ノーマルビームをガードすることができる。遭遇時点ではミサイル、またはボムで倒す必要がある。スペイザーなどの強力な装備を取得してからは、大抵の攻撃手段で倒せるようになる。
赤色
Zebesian Red SM
ノルフェアに出現。高熱環境に適応した個体であると推測される。耐久力が若干強化されている。ウェイブビームなどが有効。
ピンク
Zebesian Pink SM
マリーディアに出現。水中環境に適応した個体であると推測される。耐久力がかなり高く、序盤に使用する低威力の武器では倒すことができない。プラズマビームスクリューアタックスピードブースターなどで撃破可能。
黄色
Zebesian Yellow SM
ノルフェア古代遺跡エリアに出現。ミサイル9発かスーパーミサイル1発、パワーボム、あるいは最大チャージしたプラズマビームで倒すことができる。チャージしていないプラズマビームは跳ね返される。
メタルゼーベス星人
Zebesian Metal SM
ノルフェア古代遺跡エリアに2体だけ登場する最強のエリート戦闘員。金属のような鈍い銀色のボディが特徴。キック攻撃や腕のハサミを投げつける攻撃、回転ジャンプによる体当たり、空中に飛び上がって放つ強力なダイビングキックなど、多彩な攻撃手段でサムスを苦しめる。
銀色のボディによってサムスのもつすべての攻撃手段を反射・無効化する強敵だが、ダイビングキックを行った直後に瞬時的に体色が黄色になるときがあり、このときが攻撃を与えられる唯一のチャンスとなっている。ミサイルスーパーミサイル、最大チャージしたプラズマビームなどが有効。

メトロイド フュージョン

B.S.Lセクター1 SRXセクター4 AQAなどに出現する。Xが擬態した姿であり、オリジナルの個体とは異なる性質を有している。基本となる体色は紫色。一定条件を満たすことで出現する金色の強化された個体や、水中環境への適応で尾びれを持った個体なども登場する。複数体のXが融合することで、さらなる強化形態に変化する個体も存在する。
以下のバリエーションが存在する。
壁を這うタイプ
Zebesian-X 01 MF

SRXの壁面に張り付く個体。

セクター1 SRXに出現。
通常種
セクター1 SRXなどに出現。
ゼーベス星人 (水中)
セクター4 AQAセクター5 ARCなどで登場。水中にいる通常種のゼーベス星人に、スカルテトラなどの魚類型クリーチャーのDNAを持ったXが融合した状態。脚が尾ひれに変化し、さらに背びれが生えているなど、魚類の形質を獲得することで水中環境に完全に適応することに成功している。
水中での移動速度が非常に速く、一定区間を素早い動きで往復している。敵を見つけると速度を上げて急接近し、ハサミから水中を直進する赤色の弾を発射して攻撃を行う。耐久力は通常のゼーベス星人よりも低くなっている。最大までチャージしたプラズマビームや、スクリューアタックでの体当たりなどが有効。
金色のゼーベス星人

Xが大量に集まって形を成したゼーベス星人の強化型。セクター1 SRXネオリドリーの部屋へと続くツーリアンのような部屋に、特殊な条件を満たすと出現する。条件とは、周囲に存在するジェネシスを全て倒して、出てきたXを吸収しないことである。しばらく待っていると、Xが集まり金色のゼーベス星人となる。このゼーベス星人は正面からの攻撃が無効で、背後からチャージビームを当てるか、ディフュージョンミサイルを当てることでしか倒すことができない。

メトロイド ゼロミッション

第一部ではほとんど出現しない。サムスがエレベーターを使用してツーリアンに降りていく際に挿入されるムービーにおいて登場。多数のメトロイドにエネルギーを吸収され、ミイラのような死体に変り果てる描写がなされている。その後、ツーリアンを探索する際には、地面にゼーベス星人の死骸が散乱している様子が確認できる。
第二部ではパイレーツ本隊がゼーベスに帰還したため、チョウゾディアに大量のゼーベス星人が出現する。マザーシップ、および鳥人族の古代遺跡内を徘徊している。サムスを発見すると警報を鳴らし、執拗に追い回すが、壁の裏側や物陰に隠れることでやり過ごすことが可能。
『ゼロミッション』のゼーベス星人には、以下のバリエーションが存在する。
赤色
Zebesian Red MZM
本作における一般的なゼーベス星人。プラズマビーム、ミサイル、スーパーミサイル、ボム、パワーボム、スクリューアタック、スピードブースターが有効。
黒色
伝説のパワードスーツを取得後、チョウゾディアやスペースパイレーツマザーシップに何体か出現するようになる。それなりの耐久力と攻撃力を持つが、特にメカリドリーを撃破したあとの脱出時に戦闘になる2体は、頭一つ抜けて強いので注意が必要。

METROID Other M

メトロイド (マガジンZ)

第一話「」以降、スペースパイレーツの戦闘員として度々登場する。

メトロイド サムスリターンズ

ゲーム冒頭のプロローグにおいて登場。銀河連邦の調査船を強襲し、船内に侵入したゼーベス星人達がメトロイドの捕獲サンプルを強奪する様子が美麗なイラストで描かれている。

オフィシャルデータ

ギャラリー

【ゼーベス星人】宇宙海賊

紫色の部分は硬質で凹凸がなくマットな質感で
緑色の部分は虫的な肉眼で
一見柔らかそうだけども実は硬め

あちこちに産毛のようなトゲがあり
手で掴まらなくても壁に張り付くことが出来る

近距離と遠距離とでは攻撃方法が変わる

METROID Other M ギャラリー ART 77


取扱説明書

惑星間貿易の宇宙船を襲い、略奪、殺戮の限りをつくすことから宇宙のならず者として恐れられるエイリアン。

スーパーメトロイド 取扱説明書


かつてメトロイドの能力を利用しようとし、宇宙のならず者として恐れられたエイリアン。壁にはりつき攻撃してきます。

メトロイド フュージョン 取扱説明書


公式サイト

Q. スペースパイレーツのゼーベス星人 それぞれ色が違ってますけど あれって階級だったりするんでしょうか? (惑星 ゼーベス 14才 男性)
A. まあ、そんなものです。タイプの違いというイメージですね。 (坂本)

METROID ZERO MISSION OFFICIAL SITE METROID FAQ 06


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

全銀河系支配を企むスペースパイレーツの
中心的な種族が、このゼーベス星人である。
「メトロイド Other M」では、クローンの培養、
および遺伝子工学により生体兵器化された、
サイボーグゼーベス星人が登場している。
かつての理性や感情は、継承されておらず、
あくまでも冷酷な兵器としてサムスを狙う。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U フィギュア説明文


登場作品

豆知識

  • 巨大なハサミを有するゼーベス星人の外観は、特撮ドラマ『ウルトラマン』および後継の『ウルトラマンシリーズ』に登場する『バルタン星人』を髣髴とさせる。

脚注

  1. 例外として、『スーパーメトロイド』のゼーベス星人は、目元や足元からもビームを連続的に発射する。
  2. メトロイドプライム3 コラプション』には、スペースパイレーツの拠点である惑星、ウルトラガスが登場するが、これはパイレーツを構成する一部の種族の本拠地であり、ゼーベス星人の拠点ではない。

ギャラリー


スーパーメトロイドに登場するクリーチャー一覧
アウッチ | アトミック | アルコーン | ウェーバー | エテコーン | エビア | オウム | カーゴ | カクタック | ガドラ | ガメト | ギガ | キハンター星人 | グラップラー | クレイド | クロコマイアー | ゲルーダ | 剣山トラップ | コーベン | コズミック・バグ | サイドホッパー | 作業ロボット | サムスイーター | シーザ | ジーマ | ジーラ | シャクトール | スカルテトラ | スクウィプト | スクリー | スポア・スポーン | ゼーベス星人 | ゼーベタイト | ゼブ | ゼボ | ゾア | ソーバ | ゾーロ | ダチョラ | タトリ | チュート | 鳥人像 | デスギーガ | ドラコーン | トリッパ | ドレイゴン | ナミヘ | 偽クレイド | ビーム砲台 | ビオラ | ビトン | プロミネンス | ファントゥーン | フーネ | プヨ | ブル | プロミネンス | プワンプ | ベビーメトロイド | ホタリー | ボツーン | ボヨン | ポリプ | ホルツ | マグドール星人 | マルテビオラ | メタリー | メタルジーマ | メタルゼーベス星人 | メトロイド | メトロイドモドキ | メム | メラ | メロ | ヤード | リオ | リッパ | リッパⅡ | リンカ | ローリングストーン
メトロイド フュージョンに登場するクリーチャー一覧
アルファメトロイド | アウッチ | イシュタル | ウェーバー | エビア | エテコーン | オメガメトロイド | カーゴ | ガドラー | ガンマメトロイド | キハンター星人 | 金色の鳥人像 | ゲドゥ | ゲルーダ | ゲルバス | ゲロン | ゲロン (空調システム) | コア-X | コールドX | サイドホッパー | ザザビー | サムスイーター | サムスイーター(つぼみ) | シーザ | ジーマ | ジーラ | ジェネシス | スカルテトラ | ゼータメトロイド | ゼーベス星人 | ゼーベス星人(金) | ゼーベス星人(水中) | ソーバ | ゾーロ | ゾゾロ | ゾンビのような研究員 | ダチョラ | チュート | 鳥人像 | デスギーガ | ナード | ナイトメア | ナミヘ | ネオリドリー | ハラーサン | バリアコアX | フーネ | プヨ | ブル | プワンプ | ボクス | マルカラ | ミミック | メトロイド | メム | モーシン | ヤード | ヤメーバ | リオ | リッパ | SA-X | X
メトロイド ゼロミッションに登場するクリーチャー一覧
アトミック | ウェーバー | ガドラ | ガメト | カラームツーター | カラームツーターの実 | ギガ | キル・ギル | クレイド | ゲルーダ | サイドホッパー | 作業ロボット | ジーマ | ジーラ | スカルテトラ | スクウィプト | スクリー | ゼーベス星人 | ゼブ | ゼボ | ソーバ | 大軍神 | ディオルム | デスギーガ | ドラコーン | バリスト | ビオラ | ポリプ | ホルツ | マザーブレイン | マルテビオラ | ムーア | メーアイ | メーマ | メカリドリー | メトロイド | メラ | メロ | メロの巣 | リオ | リドリー | リッパ | リッパⅡ | リンカ