FANDOM



"進化する巨大蟲" ー METROID ZERO MISSION OFFICIAL SITE

『キル・ギル』(Kiru Giru/Imago) は、ゼーベスに生息する巨大昆虫型生物。

解説

キル・ギルはメトロイド ゼロミッションに登場するボスキャラクターである。メトロイド ゼロミッションのオフィシャルサイトでは「進化する巨大蟲」という肩書きで、ノルフェアの中心クリーチャーとして紹介されている。 ノルフェアの深部でウェイブビームの取得後から戦闘することができる。幼虫、成虫と段階を踏んで戦うことになる。成虫との戦闘後、スーパーミサイルを取得できる。

メトロイド (マガジンZ)にも登場。マザーブレインにコントロールされ、ディオルムと同時に登場し、鋏打ちにしてサムスを追い詰めるが回避され、互いに衝突させられた後、ノーマルビームによって撃破された。

戦闘

ゼロミッションのオフィシャルサイトでは「進化する巨大蟲」として紹介されており、その肩書き通り幼虫から成虫にかけて段階を踏んで戦闘することになる。

キル・ギル (幼虫)

Kiru Giru 01 MZM

幼虫

ノルフェアに生息する巨大な芋虫のようなクリーチャー。全身を覆う水色の外皮は耐久性が高く、あらゆる攻撃を受けつけない。おぼろげに発光している赤色の腹部が弱点であり、この部位に集中攻撃を加えると倒すことができる。
1体目のキル・ギルは高台に横たわっている。ウェイブビームで床下から腹部を攻撃することで容易に倒すことができる。
続く2体目のキル・ギルは、大きな体で狭い通路を完全に塞いでおり、サムスを見つけると突進攻撃を仕掛けてくる。腹部を完全に床に密着させているため、前述のウェイブビームを用した戦法は通用しない。突進の際に腹部で爆発が起きるように、キル・ギルの進行ルート上にタイミング良くボムを設置する方法で撃破することができる。ウェイブビームやミサイルを使用して、抜け殻のある位置まで押し戻すことが可能である。

カラームツーター&キル・ギル (幼虫)

Kiru Giru and Tangle Vine 01 MZM

カラームツーター&キル・ギル

3体目のキル・ギルの幼虫は、カラームツーターに寄生され、天井からぶら下がった状態で登場する。
体の各部位から8方向に真っ直ぐ飛んで行く胞子を放ち、攻撃を行う。この胞子はサムスの持つ武器を使用して破壊することが可能で、エネルギーボールミサイルアモなどを補給することができる。キル・ギルの周囲には翅の付いたリッパが飛び回っており、アイスビームで動きを止めることでカラームツーターを除去するための足場となる。キル・ギルを吊り下げているカラームツーターを全て除去すると、寄生から解放され元通りになったキル・ギルが地面へ落下する。この際に床に空いた穴から、ノルフェア深部に位置するリドリーへ行ける。地面に落下したキル・ギルは、その後、地下を掘り進んで行き、リドリーに位置する地下空間で蛹に変態する。この個体は順調に成長し、後述するキル・ギルの成虫となって再びサムスの前に立ちはだかる。

キル・ギル (成虫)

リドリーで戦闘するボスクリーチャー。腹節に針を持ち、蜂のような姿になった。鮮やかな水色の体表は藍色となり、4枚の翅が生え、幼虫時に見られた体表の突起が目となった。針を射出する腹部が弱点である。針を射出しながらエリアを左右に高速移動する。ダメージを与える毎に体表が青→黄→赤へと変化する。最期は腹部が外れ、自分が産みつけた卵に突っ込み爆散する。卵によって塞がれていた場所で、スーパーミサイルが取得できる。この個体は、カラームツーターに寄生されていた個体である。

オフィシャルデータ

公式サイト

Kiru Giru's Egg MZM

キル・ギルの卵

Q. ノルフェアの奥にいるカラームツーターに捕まってるキル・ギルとリドリーにいるキル・ギルの成虫は同一生物(?)なんですか?だとしたらすごい根性の持ち主ですね… (サーナイト激ラブ 19才男性)
A. 同一生物です。根性までは判りませんが。ちなみにサムスによってカラームツーターに寄生されていたキル・ギルは命拾いをしたわけですが、その後、成虫になったキル・ギルがサムスを襲った理由は、サムスに卵を踏み潰されたからという設定です。 (坂本)

METROID ZERO MISSION OFFICIAL SITE METROID FAQ 42


登場作品

豆知識

  • カラームツーターの寄生から免れたキル・ギルが落下する際に真下にリッパがいると、落下の衝撃でリッパを倒すことができる
  • 英語では幼虫の名前はKiru Giru、成虫の名前はImagoである。

ギャラリー

関連項目