FANDOM




キッククライム』(Wall Jump / Kick Climb) は、サムス・アランの使用する、側壁を蹴り上げることでジャンプを行う特殊アクション。『ウォールジャンプ』『壁ジャンプ』などとも呼称される。

解説

サムス・アランが使用可能なジャンプアクションの一つで、回転ジャンプ中に壁に触れた状態のときに発動可能。側壁を蹴り上げることでもう一度ジャンプを行い、さらに上昇することができる。これを利用することで、通常のジャンプ移動では登りきれない、高いエリアに到達することが可能。

2Dメトロイドシリーズ』では、サムスが初期段階から使用可能なアクションとなっているが、ゲーム中の簡易説明や説明書などでは紹介されていない場合が多い[1]。垂直な壁がある場所であれば任意でいつでも使用可能であり、ハイジャンプブーツスペースジャンプなどのジャンプアクションを強化するアイテムを装備していない状態でも、キッククライムを利用することで様々な場所に到達することができる。基本的には両サイドに側壁がある地形でのみ使用可能だが、作品によっては1つの壁だけでキッククライムを行い上昇していくことが可能で、このテクニックは俗に片面キッククライムと呼ばれている。

メトロイドプライムシリーズ』では、サムスの標準的なアクションではなく、スクリューアタック取得後に初めて使用可能になる。特殊な金属で構成されたキッククライムウォールというプレート型デバイスにスクリューアタックを行うことでのみ発動し、壁を蹴り上げてより高い場所まで上昇することが可能。仕様上『2Dメトロイドシリーズ』のように任意の壁でキッククライムを行うことはできない。

各作品における特徴

2Dメトロイドシリーズ

スーパーメトロイド

初実装。初期状態から使用可能。サムスが回転ジャンプで上昇しながら壁に接触している状態で、壁の反対方向の十字ボタンとAボタンを同時入力することで発動。壁を蹴って反対側に向かって回転ジャンプすることができる。
ブリンスタ植物密生エリアの下層部にあるエリアに出現する無害なクリーチャー、エテコーン

メトロイド フュージョン

Kick Climb MF

キッククライムを行うサムス

初期状態から使用可能。本作のキッククライムは壁を蹴り上げて再度ジャンプを行う際、慣性がはたらいて反対側に向かってジャンプを行う仕様となっているため、前作のような片面キッククライムが使用できない。

メトロイド ゼロミッション

初期状態から使用可能。

METROID Other M

メトロイド サムスリターンズ

初期状態から使用可能。サムスが回転ジャンプをしながら壁に接している状態でYボタンを押すと、壁を蹴って反対側に向かってさらにジャンプ移動をする。『フュージョン』のように完成が『ゼロミッション』と同様にスペースジャンプ取得後は使用できなくなる。
また本作ではブロック1マス分の狭い場所では

メトロイドプライムシリーズ

メトロイドプライム2 ダークエコーズ

アイテム『スクリューアタック』を取得すると使用可能になる。

メトロイドプライム3 コラプション

メトロイドプライム ピンボール

ミニゲーム『ウォールジャンプ』にて使用。タイミングよくボタンを押して左右の壁を蹴って上昇し、頂上にあるアイテムを取得するとクリアとなる。『ダークエコーズ』などと同様にスクリューアタックを発動しているようで、キッククライムの軌道上に徘徊するブラッドワスプパッファーなどのクリーチャーに触れると倒すことが可能であり、スコアが加点される。

メトロイドプライム フェデレーションフォース

M21: 最終決戦においてサムスが使用。エリートブルーザーの集団を一掃してメック小隊の窮地を救った後、キッククライムを使用して崩壊するドゥームアイから脱出する描写がある。

オフィシャルデータ

取扱説明書

十字ボタンを壁方向に押したままタイミングよく②を押すと、壁を蹴りながら登る。
※十字ボタンを押し直す必要はない。

METROID Other M 取扱説明書


書籍

アイテムは一切必要ないが、技術的にはもっとも難しい技だ。壁面をななめに蹴り上げて、そのままジャンプする。どんなに高い壁でも登っていける。惑星ゼーベスではエテコーン先生が教えてくれる技。回転ジャンプして、壁に接触した瞬間に十字ボタンを反対側に押し、つぎの瞬間にジャンプボタンを押す。基本的にはこの操作の連続だ。ハイジャンプブーツを手に入れたあとのほうが操作しやすいだろう。この技ができなくても攻略は可能だ。

任天堂公式ガイドブック スーパーメトロイド サムス・アランの2時間59分


登場作品

豆知識

ギャラリー

脚注

  1. 例外として『METROID Other M』ではゲーム中で簡単な説明がなされており、ゲームプレイに際して必須のアクションとなっている。

関連項目