FANDOM


この項目「エネルギー転送モジュール」は加筆依頼に出されており、内容をより充実させるために次の点に関する加筆が求められています。
「書きかけの部分」


エネルギー転送モジュール』(Energy Transfer Module) は、惑星エネルギーの吸収・還元を可能にするルミナス製のモジュール。

解説

ルミナスが開発した特殊なデバイス。青白く輝く光球のような媒体にすべての機能が格納されており、分子構造レベルで使用者の体内に取り込まれることで効果を発動する。体内にモジュールが取り込まれても、身体に悪影響が現れることはない。

デバイスの所有者は、エーテルの各エリアの聖堂に設置されているエネルギー制御装置を介して、惑星の莫大なエネルギーを体内に吸収、および体外に還元することが可能になる。

また、イングによるスナッチ攻撃から身を守ることができる防御機能も付随している。

敵対するイングとの度重なる戦闘によって窮地に追いやられていたルミナス達は、隕石の衝突以来、惑星全体のエネルギーがエーテルとダークエーテルに半分ずつに分配されており、どちらか一方に惑星の全エネルギーが集約されれば、もう片方の次元にある惑星が消滅するという事実を突き止めた。これを受けてルミナスは、ダークエーテルに存在する惑星エネルギーを奪還し、イングをダークエーテルを消滅させる計画を立案、この計画実行に必要なエネルギー転送モジュールの開発に着手した。しかし、モジュールが完成し反撃に出ようとしたタイミングで、イングにモジュールを奪われてしまい、4つ存在する惑星エネルギーのうちの3つがダークエーテルに奪われてしまうという最悪の事態に陥ってしまった。

エーテル消滅および種族滅亡の危機に瀕していたルミナスだったが、ルミナス大聖堂に保管されていた最後のエネルギーがイングに奪われそうになっていたまさにその時、銀河連邦からの依頼を受けて偶然エーテルを訪れていたサムス・アランが、モジュールを有しているダークギガスプリンターを撃破し

オフィシャルデータ

スキャン

エネルギー転送モジュール

スキャン

システムアラート。未確認アイテムを取得。 異質テクノロジーが、分子構造レベルでスーツと同化しました。 セーフティスキャン完了。スーツの性能に悪影響はありません。


ログブック

エネルギー転送モジュール

メトロイドプライム2 ダークエコーズ

ステータス

エネルギー転送モジュールは、使用者の体内に取り込まれる。 エネルギー制御装置から惑星のエネルギーを吸収、還元が可能。

サムスの記録

エネルギー転送モジュールは、イングのスナッチを防御する機能があるようだ。


登場作品

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki